その答えは海にある。

海洋生物資源の持続的活用をもって人類や社会の進歩・発展に貢献します。

海洋生物資源が持つ能力の開放
新規化合物・機能性の探索


微細藻類パブロバ

沖縄の海で生まれたサスティナブルフード

パブロバを美味しく。

那覇のイタリアンの名店BACARとのコラボレーションで生まれたパブロバドレッシング&パスタ

海と共に生きる。

動植物と人が共生できる地球環境の創造に貢献します。

コア・コンピタンス

生物資源ビジネスを行う上での当社の強みをご紹介いたします。

海洋生物資源収集
スクリーニング技術
探索から原料供給まで
微細藻類開発

海洋生物資源収集

日本各地で収集する独自性の高い海洋生物資源

海洋調査会社で培った高度な採集技術、各地の海を知り尽くした地元のダイバーや漁業者との強力なネットワーク、大学との共同研究により、独自性の高い天然素材を収集しています。
また、お客様のご要望に基づく素材を収集も承っています。例えば「食歴がある海藻」や「特定の物質を含む貝」といったご要望も承ります。これらの素材は抽出物用のほか、微生物の分離源としてもご利用いただけます。
干潟、サンゴ礁、海底洞窟、深海底などを含む多様な海洋環境のほか、陸上での収集についてもご相談を承ります。
すべてのサンプルは法令を遵守した上で採集していますので安心してご利用いただけます。

スクリーニング技術

あらゆる領域のスクリーニングに対応

お客様のご要望を詳細にお聞かせいただき、ご要望に沿ったアッセイ系を構築、運用してまいりました。16年間の実績の中で、製薬、食品、化粧品、化成品、農水産業、環境領域と幅広く対応してまいりました。お客様保有のアッセイ系の当社への移転・運用実績も豊富です。
製薬企業や食品企業出身の研究者のスキルと当社および沖縄県が保有しているスクリーニング関連設備を活用して多様なスクリーニングを可能にしています。

探索から原料供給まで

生物資源収集、シーズ探索、原料供給、更に新事業開発までトータルサポート

生物資源収集から、それらを利用したシーズ探索、そして、発見された商品シーズ(素材、抽出物、化合物)の実生産に向けた生産プロセス検討、物質生産、原料化、供給まで、生物資源を用いた一気通貫のサービスを提供できることが当社の最大の特徴であり他社との差別化ポイントです。
また、微細藻類パブロバを見出し、開発・上市した実績もありますので、生物資源を利用した新事業開発についてもサポート可能です。

微細藻類開発

1,000株以上の微細藻類ライブラリーを保有し、国内最大規模のフォトバイオリアクターを利用したスケールアップ

沖縄県沿岸域で収集した商業利用可能な1,000株以上のオリジナル微細藻類ライブラリーを使用し、機能性、成分プロファイルスクリーニングを行うことが可能です。また、開発候補として選定された微細藻類株は小規模培養検討、育種(神戸大学蓮沼教授と連携)、スケールアップの検討が可能です。スケールアップには国内最大規模のガラスチューブ型フォトバイオリアクターや従来のオープンポンド方式まで様々な方式での検討が可能です。微細藻類の開発においては、このスケールアップが大きな障壁となっていましたが、当社では、上述の様々な方式の培養方法を駆使し、また、10年以上培ってきた培養ノウハウを利用して対象株のスケールアップを実現いたします。

Research & Development研究開発

新サービスを創り出すため、日夜研究開発を行っています。
技術革新の未来をあなたの目でご覧ください。
進行中のものから過去の実績まで。私たちのプロジェクトの一部を公開しています。

パブロバ

フォトバイオリアクターによるブレークスルー

フォトバイオリアクターの登場で、これまで大量培養できなかった多くの微細藻類の生産が可能になりました。微細藻類の大量培養において、大きなネックとなるのが原生生物によるコンタミネーションです。フォトバイオリアクターはそのコンタミネーションを防ぐため、閉鎖環境で培養できるように設計されています。また、

パブロバ

パブロバドレッシング & 生パスタの開発

微細藻類パブロバは、フコキサンチンおよびオメガ3脂肪酸(EPA、DHA)を高含有することが特徴です。このオメガ3脂肪酸類は一般的には青魚の脂肪酸として知られており、この脂肪酸類がいわゆる魚の風味の元となっています。よって、オメガ3脂肪酸が豊富なパブロバは魚に近い風味を持っています。我々はこの風味をう

NEWSニュース

  1. お知らせ
  2. ニュースリリース
  3. メディア掲載
  4. 新技術・サービス紹介
  5. 研究報告
TOP